ブラック企業からの脱出

中小企業に行きたくない!?人生が終わる中小企業の特徴!

どうも!

ホワイト企業研究家のいのりょです!

中小企業に行きたくない!?人生が終わる中小企業の特徴!

について、お話していきたいと思います。

私は中小企業から大手子会社に転職しましたが、「中小企業から転職して良かった。。。。」と心の底から思っています。

中小企業の全てが悪いわけではないですが、「入ってはいけない中小企業の見分け方」をお教えします!

【中小企業の定義】

  • 資本金1億円以下
  • 創業一族が株式の50%以上を保有している
  • 創業10年以上

人生が終わる中小企業の特徴!

同族経営企業

「同族経営の企業には、親族以外は絶対に入ってはいけない」

人生の時点に刻むべき最も重要な言葉の1つです。

株式を50%以上握っているということは、会社内では「神」であることを意味します。

逆に、一般社員は神と神の子達を設けさせるための奴隷にすぎません。

職業選択が自由に出来る世の中で、わざわざ奴隷になる必要はありませんね!

業界自体が斜陽産業。

斜陽産業の中小企業に入ることは、キャリアの死を意味します。

中小企業だけでなく、大企業でも斜陽産業に入ることはやっぱり死を意味します。

【斜陽産業に入ってはいけない理由】

  • 頑張っても生著産業に比べて、給料が上がらない
  • 通用するスキルが、その業界や会社だけで終わってしまう
  • 無能な為、会社にブラ下がる人の比率が高くなる
  • 頑張っても伸びない為、やる気も起きない
  • 若い人が入ってこず、マネジメント経験が詰めない
  • 40代以上の転職が難しい時期に、会社が無くなる可能性がある

潰しがきかない、マネジメント経験がつめない、上司先輩が無能。。。。。。40歳overでまともな就職先に転職できない年齢で会社がつぶれる

オワコンですね(笑)

30代の社員数が20代、40代に比べて少ない

「30代社員の比率少ない企業」かつ「創業20年以上経過している企業」は、敬遠しましょう。

一番の戦力である30代社員が少ないのは、会社に大きな問題を抱えているケースが多いです。

【30代社員が少ない原因】

  • 同業退社に比べて給料が安い。
  • スキルが身に付きにくい環境にある
  • パワハラ、セクハラが横行している
  • 残業時間が多く、家族との時間がとりにくい

30代が少ない会社では、「スキルアップの転職」と言います。

しかし、転職はストレスと不安が付きまとう為、基本的に労働者はやりたがりません。

何かしらの不満があるから、中堅社員は会社を去っていくのです。

「我々はベンチャー企業である」と言っている

「我々はベンチャー企業である」と言っている企業には、後ろ足で砂をかけて立ち去りましょう。

創業10年も経過してもベンチャーと名乗っているのは、冒険ではなく「漂流」です。

「ベンチャーなので、人モノ金が不足しているのは仕方ない。しかし、その環境を楽しめるか」などと、上から目線ですね(笑)

人モノ金が足りないのは、経営者の力量や人望が足りないか、ビジネスモデルがオワコンなだけです。

職種が選べない。その会社の花形部署に行けない

我々20代のビジネスマンは、「人生100年時代」を生きています。

人生が100年もあれば当然働く期間も長くなりますし、価値の低いルーティン作業はAIに仕事を奪われていくでしょう。

そんな時、「特にスキルもないけど社歴だけは長いおじさん」になっては、一生上司の奴隷になります。80歳まで働くとして、60年間上司にゴマをすり続ける生活はキツイですよね。。。。。

これからの社会を生き抜くためには「職能」つまり、スキルが重要になります。

スキルを身に着ける為には「そのスキルが他社に比べて強い会社」に行くべきです。

【職能が強いことで有名な企業】

  • 営業職・・・キーエンス、日本M&センター、セールスフォース
  • マーケティング職・・・P&G、コカ・コーラ、花王、ユー・エス・ジェイ

これらは大手企業ですが、生き残っている中小企業にもそれぞれ強みがあります。その強みのノウハウが盗める部署に行きましょう。

営業が強い会社なら営業職、クラウドシステムを売っている企業なら経理やエンジニアとして入社しましょう。

日本の社長は、世界的に無能

20代の若者の私が言うのは、気が引けますが。

先進国の中で「日本の社長は無能」は周知の事実です。

IMD World Talent Ranking 2017」によると日本の経営者ランキングは機敏性が63ヵ国中57位分析能力が59位、有能な経営がいる割合が第58位、経営教育を受けたことがある割合が53位、海外経験が63位でした。(太字はブログ筆者による)

引用元:『日本人の勝算 デービッド・アトキンソン著

大企業の社長を含めてこの数値ですから中小企業の社長は、この順位よりもさらに低くなります。

社長の訳の分からない指示で疲弊するのが目に見えたいますね。。。。無能な経営者の金儲けとマウンティングに人生を消費するのが目に見えています。

 

以上、『中小企業に行きたくない!?人生が終わる中小企業の特徴!』でした!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です