ブラック企業からの脱出

円満退社はできないし、構造的に無理な理由を解説します。

「円満退社」は出来ない。構造的に無理な理由を解説します
ホワイト君
ホワイト君

いのりょさーん!

会社とモメて退職しちゃったよ。。。。。もっと上手く出来なかったかな。。。。

いのりょ
いのりょ
ホワイト君は優しいね!

僕は、円満退社にこだわる必要はないと思っているよ。

そもそも、退職者と会社は対立する運命にあるからね!

円満退社はできないし、構造的に無理な理由

辞める瞬間から、会社と利益が相反する

はっきり言いますが、「円満退社」は幻想です。

理由は簡単で、退職・転職は会社とあなたの利益が相反している状態だからです。

  • あなた→「早く辞めたい有給消化できる限りしたい。もらえるものは貰って出ていく。新しいキャリアを踏み出したい」
  • 会社→「一日でも長く引き留めて、出社日を伸ばしたい。」

下の一覧表をご覧下さい

あなた 会社
有休 多くとりたい 少なくしたい
出社日 早く辞めたい 引き延ばしたい
引継ぎ キャリアにならない 必要

見事に、あなたと会社の利益が相反していることが分かりますね。

お互いが「被害者」だと思っている

退職が円満に進まない理由の一つは、「あなたと会社がお互いに、被害者意識を持っているから」です。

簡単に言えば「辞めるという決断まで追い込まれた被害者(あなた)」と「いきなり恩知らずに手のひらを返された被害者(会社)」とお互いが本気で思っています。

この両者が話し合っても、本当の意味で理解し合うことはできません。

【時間軸】

  • あなた→数か月前から退職悩む→決意→上司に報告
  • 会社→いきなり部下が辞めると言い出した。

【心情】

  • あなた→不満がたまって、我慢できなくなったので退職。
  • 会社→いきなり辞めると切り出された。訳が分からない。

あなたは以前から、会社への不満があり退職の決断をしました。

しかし、会社には「会社に辞めるほど不満を持たない人」や「不満があるけどやめられない人」しかいません。

いきなり辞められる側(会社)と「数か月悩んだのに、まだ辞められないあなた」ではお互いが不満がたまるのが、当たり前です。

権利は主張しないと、踏みにじられる

退職時の「有給休暇」は、強く主張しないと会社は平気であなたを搾取しようとします。


「有給全部使うとはけしからん」「引継ぎはどうするんだ。」様々な理由をつけて、会社に来させようとします。

少しでも、甘い顔をすればずるずる権利を侵害されます。

いのりょ
いのりょ
会社にはこう伝えてください。

「〇月〇日辞めます。有給休暇が残っているので〇月〇日を最終出社にします」

お互いが気持ちよく分かれるために権利は最大限主張し、譲歩の姿勢は見せないで下さい。

なお退職時の退職日までの有給消化を、会社は認めなければなりません。

  • 全て取得OK:6月末退職→5月末から6月末まで連続で有給取得(取得可能)
  • 一部拒否可能:6月末退職→5月15日~20日まで有給申請(これは、取る時期を変えられます)21日~30日は出社。5月末~6月末まで有給(取得可能)

会社(管理職)にとって、退職は迷惑

いのりょ
いのりょ
会社にとって「そもそも退職は迷惑」です。

残される側にとっては、メリットは一つもありません。

  • 管理職は評価が下げられる可能性
  • 新人の採用・養育コストがかかる
  • 一時的な戦力低下
  • 残る人たちのの仕事が増える

会社にとっては迷惑な話なので「会社と円満に別れよう」というのは、都合が良すぎるのです。

どうせ辞める会社です。

次が同じ業界、取引先でもない限り「自分には何がメリットがあるか」で動いて下さい

残される側の「負の感情」は、大きい

退職で一番めんどくさいのは、残された社員の「負の感情」です

  • あんなに良くしてやったのに、辞めるなんて恩知らずだ。
  • あいつは辞める奴だから、関わるのは時間の無駄。
  • あいつが辞めるせいで、俺が忙しくなる。迷惑だ。

 

退職は愛社精神がある人、会社にしがみつくしかない人ほど「自分を否定」された気持ちになります。

まだまだ日本は「就社精神」に溢れているので、辞める奴は裏切り者扱いです。

これについては、諦めましょう。

本当の理解者は、辞めようがずっと連絡をくれます。

辞める側もモチベーションが続かない

いのりょ
いのりょ
退職を伝えてから最終出社日までは、短くすることをお勧めします。

有給が1か月残っているなら、2,3か月前くらいがベストだと思います。
(法律上、2週間前に申し出れば辞められます。)

退職時まで数カ月ある場合は、モチベーションが続きません。

理由は「引継ぎはあなたのキャリアにとって、無駄な時間」だからです

未来につながらない仕事では、モチベーションはどんどん下がり、いい仕事はできません。

周りの人からも「あいつは辞めるから仕事が適当だ」と思われてしまいます。

結果居づらくなるので、退職日を4か月後などに設定するのはおすすめしません。

ホワイト君
ホワイト君
僕はこのパターンだった。。。お互いに不幸になるね

辞める人間の悪口を言った方が、残る人には得

「辞める人間は仕事ができない、根性なし」と悪口を言った方が、会社には得です。

「すごく仕事が出来て、人格的に優れていて、非の打ちどころがない人」に辞められたら、残る人はみじめですから。。。。

「会社についていけなかった人」「会社に馴染めなかった人格破綻者」として「追い出したというストーリー」の方が、残った人間のプライドが守れます。

上司が退職者の事が嫌いな場合は、部下も悪口を言った方が得なので、何かにつけて本人がいない場所で陰口を言われますね。。

結論:「円満退社」を目指すのは間違い

円満退社は、「結果的に円満に退社出来た」を目指すべきです。

会社と「円満」に終わるのは、あなたの権利が食いつくされた後で「もういらない人間」になってからです。

会社は多数派なので、少数派のあなたに不利になるように圧力をかけてきます。

しかし、言うことを聞いてもあなたの人生に責任を取ってくれません。

本当に辛いと感じたら弁護士による退職代行サービスもあるので使ってみましょう。

 

以上!「円満退社はできないし、構造的に無理な理由を解説します。」でした!

 

ホワイト君
ホワイト君
もし、この記事が「役に立った!」と思って頂けたら、SNSでシェアして頂けると嬉しいです。

1人でも不幸な会社員を減らす為に、ご協力お願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です